青汁を飲む量

aojiru

少なくとも一日360cc(元のナッパ500グラム)で調子のよくない時はそれ以上、540ccでも、900cc、1080cc(元のナッパ750~1.5キロ)でも飲むようにしたいものです。

栄養のバランスということでは説明がつきませんが、大量の青汁を飲んで初めて、しかも奇跡といいたいほどの結果が出ることがあります。

しかし飲み始めは少量からしだいに慣らしていったほうがいいでしょう。

そして根気よく続けることが大切です。薬のように早急に効果が出るものではありません。一日、二日、三日、半年、一年、二年、三年と粘っているうちに体質が変わり、思いがけない効果が出てくるものなのです。

青汁は薬ではなく、日常食の欠陥を補う方便ですから、一時的では意味がなく、生涯続けるべきものです。

しかし、その時も常に食全体としてのバランスをとることが大切で、そのためには、とかく過食になりがちな主食を控え、糖分(菓子、味付けの砂糖)は極力減らし、動物食品も過ぎないように注意したいものです。